メタボリックシンドローム(症候群)について

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)
最近、内臓脂肪と生活習慣病に関する話題をよく聞きます。

中高年がかかりやすい生活習慣病である「糖尿病」「高血圧症」「高脂血症」は、 それぞれ単独でもやっかいな病気ですが、これらの病気が重複すると動脈硬化を促進し、 さらには致命的な心筋梗塞や脳梗塞などを起こしやすいことが分かっています。

最近、これらの病気を起こすおおもとに、糖代謝や脂質代謝などさまざまな代謝異常が
あることがわかってきました。このため、こうしたリスクが重なって存在する病態を
「メタボリックシンドローム(Metabolic Syndrome)」と呼んでいます。


●メタボリックシンドローム診断基準

 メタボリックシンドロームの診断基準が2005年4月に作られました。

 おへその高さの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、

 この条件に下の3つの症状のうち2つ以上該当した場合、
 メタボリックシンドロームと診断されます。


 1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方

 2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方

 3.空腹時血糖が110mg/dl以上

●メタボリックシンドロームの予防・改善
 該当項目が多い方は要注意!
 
 □ 運動の習慣がない
 □ 外食やコンビニ弁当が多い
 □ 不規則な食生活
 □ 濃い味付けが好き
 □ 食事は満腹になるまで食べる
 □ 緑黄色野菜をあまり食べない
 □ タバコを吸っている
 □ ストレス解消にお酒を飲むことが多い


 主な原因は食べ過ぎと運動不足です。
 それにより内臓脂肪ができ、必要以上の内臓脂肪ができると代謝の異常が
 生じることがあります。

 食生活と運動で予防・改善ができる場合も多いので早めに生活習慣を見直し、
 メタボリックシンドロームの予防・改善のために今日から実行しましょう!!

 外食が多い方や緑黄色野菜をあまり食べない方は青汁がオススメです


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • メタボリック症候群の診断基準と予防方法を紹介します。

    Excerpt: メタボリック症候群について、厚生労働省は、医療制度の改革について、その中心を生活習慣病の予防に重点をおき、その方針としてメタボリック症候群を早期に発見し、予防などの指導を促進する体制をうたっています。.. Weblog: メタボリック症候群の診断基準と予防方法 racked: 2006-10-22 22:28
  • 内臓脂肪ダイエットで病気予防

    Excerpt: 「内臓脂肪ダイエットで病気予防 」に関する記事を書きましたので、TBさせていただきました。よろしくお願いいたします。 Weblog: 内臓脂肪燃焼ダイエット!メタボリック症候群を予防 racked: 2006-11-18 18:02
  • 生活習慣病~動脈硬化

    Excerpt: 「生活習慣病~動脈硬化」に関する記事を書きましたので、TBさせていただきました。よろしくお願いいたします。 Weblog: 主婦の達人をめざして! racked: 2006-11-22 07:17